姿勢

2012-12-11



背筋が伸びて姿勢が正しい人は、バストが大きく見えます。猫背などで背中が丸まって姿勢が悪いと、バストの膨らみが隠れてしまいます。そのため、実際の大きさよりバストが小さく見えてしまうのです。

見た目だけでなく、姿勢が悪いと実際にバストは小さくなります。猫背だと土台となる胸郭が縮まって、大胸筋をはじめバストにつながる筋肉も硬くなって衰えています。このため血液やリンパの流れが悪くなり、バストが成長しないからです。

猫背の人は、背中の肩甲骨を内側に寄せて胸を張ることを意識し、姿勢を正しくすることが先決です。また、大胸筋を鍛えるだけでなく、背筋や腹筋も強くして、全身のバランスを整えることが大事です。それによって姿勢もよくなり、背筋が伸びて胸も正しく張ることができます。

Share on Facebook