プエラリアの問題点

2012-12-11



プエラリアのバストアップ効果には高いものがあり、当然人気も高まります。効果が高ければ、その分副作用の心配も出てきます。プエラリアは植物由来だから副作用はない、安全、という考えもかつてはありました。

しかし、植物性であっても、プエラリアの女性ホルモン様作用は強力です。女性ホルモンの過剰摂取は、乳ガンや子宮ガンなどのリスクが高まるといわれています。

なぜなら、外から入ってくるホルモン様物質は、体にとっては異物です。いわば環境ホルモンと同じ影響があると考えられ、本来の自然なホルモン代謝が混乱を起こすからです。

さらなる問題は、外から女性ホルモンが供給されるため、体は女性ホルモンを作る必要がないと認識して、自力でホルモンを作ろうとしなくなります。プエラリアを長期に摂り続けることによって、女性ホルモン分泌能力がますます衰え、ひいては不妊症などを招くことも考えられます。


Share on Facebook